バラクーダ・トルネード

ロケーションもいれること!

ウエアや靴に防水ジェットを使ったことがある人は多いと思います。

雨水を弾いて自分が濡れないようにしてくれます。革バッグに防水ジェットをする反論は、持ち主ではなく革バッグ自体を雨水からまもることです。濡れや水気に弱々しい革の結果、お接待のひとつとして吸い込みましょう。

防水ジェットは火気禁なので屋外で使用します。事前に目立たないロケーションでテストして変色にならないかチェックしましょう。30cmほど奪い取り全てに逐一かけます。

急性雨等で濡れてしまったら、水を含ませた手ぬぐいでしみになってないロケーションもいれて表面全体をふきます。しみた会社だけをふくと乾いたらそこだけ悪引き立ちしてしまいます。

次に乾いた手ぬぐいで湿気を取り去り陰干しして乾かしましょう。乾いた後はオイルやクリームでの追加を忘れずに。

早く乾かそうとしてドライヤーを使ったり手強いサンシャインの下で乾かすと革が劣化するのでやめましょう。

格別ダメージを防止する作製もなされていない革にダメージはつきものです。多少のダメージは革の魅力や風合い増にもなりますが、気になるダメージもあります。初めてついたダメージはとれません。しかし目立たなくすることは出来ます。

ふとしたダメージならダメージとその周辺を広めるように指で弱くこすったり、消しゴムを使いましょう。クリームを附けるため目立たなくなることもあります。

革のクリームはけがを目立たなくするのでおススメだ。望ましい状態で長期間取り扱うことが出来ますよ。また防水ジェットも、水滴だけでなく汚れも防止してくれるのでおススメだ。毎度汚れを減らすのは難しいかもしれませんが、少しずつでもお接待の頻度を増やしていきましょう。

メンズバッグで人気なブランドを調べました!