バラクーダ・トルネード

汗が原因で大人になってもニキビが絶えません…

大人になっても肌ににきびができて悩んでいる人が案外多いといいます。何が原因で肌ににきびができてしまうのでしょうか。にきびが繰り返しできるという人もたくさんいますが、それは緊張の為に汗をよくかいたり、肌質がにきびの肌質になってしまっているのが原因です。子供のにきびと、大人にきびはできる原因が別々です。

大人になってからできるにきびは、寝不足や油脂の多い食事、汗、ストレスが原因です。成人してからは、生活のサイクルが一定しない人や、営業で汗をよくかいている人や、ストレスを常に感じながら仕事をしている人もいます。便秘体質、肌の乾燥、肌に合わないメイク、頭皮の汗、日焼けの影響などもにきびをつくってしまいます。こういった理由でほこりや皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、にきびができてしまうのです。

なぜ毛穴ににきびが詰まってしまうのでしょうか。皮脂を生成する皮脂腺は毛包につながっていて、ここに皮脂を出します。毛包に出された皮脂は毛や毛包の壁を伝わって汗や皮膚の表面に流れ出ます。けれども、睡眠不足や紫外線の影響などでお肌のコンディションが悪くなったり、皮脂の分泌量が多くなりすぎると、毛穴が皮膚の老廃物や油分で覆われて、皮脂が出られなくなります。

最初のうちはにきびは白いですが、やがて化膿や炎症を起こすと黒にきびや赤にきびになってしまいます。症状が悪化すると、にきびは黄色くなります。にきびの炎症によって肌がダメージを負い、真皮層まで到達することもあります。にきび肌の対策には、汗をかかない環境にする、汗をこまめに拭くこと、スキンケアのほか、体にいい食事や生活リズムを心がけることが大切です。

http://xn--het99lpnjba013qwzh.xyz