バラクーダ・トルネード

ベタベタ汗の対策法

「汗」をかくのは気持ち良いと言いますが、それはサラサラの場合です。皮膚にとどまるベタベタの汗、臭いが強い汗は気持ちが悪いもの、ベタベタで臭い汗をかかないためにもしっかり対策をしなければなりません。

イヤな汗をかく人は肝臓の機能が低下しているおそれがあります。汗は本来ならサラサラで臭いが少ないものですが、肝臓がうまく働かないことでアンモニアが分解されずにベタベタで臭いが強い汗を発生させてしまうのです。

気持ち良く汗をかくためにも、食べ物に気を使って肝臓機能を低下を防ぎましょう。しじみに含まれる亜鉛は肝臓の機能をサポートしてくれる成分です。普段から味噌汁など料理で積極的に取り入れるようにしましょう。ただ、亜鉛の取りすぎは体に悪影響を与えてしまうおそれもあるので注意が必要です。1日に必要な量を意識しながら摂取すると良いでしょう。

普段から体を清潔にしておくことも大切です。汗をかいたら小まめに拭き取りましょう。汗拭きシートは、乾いたタオルや濡らしたタオルよりも汗をしっかり拭き取ることができます。シトラスやラベンダーやミントなど臭いつきの商品もあるので、臭いが気になる人はこのタイプを使うと良いでしょう。

サラフェプラスの効果