バラクーダ・トルネード

違法金融のおそろしさ

銀行から融資できないといわれ目の前がまっくらになりましたが、まさか違法業者にかりてさらにどん底におちるとは思ってもみなかったです。

極悪闇金業者の違法な利息にあたって,

極悪闇金業者は、貸金職業としての申し込みを通していない貸金事務所の事を言いまして、最近では本当に届出を通じていても、違法な利子をがっつり採り入れる事務所も添える場合がありますね。

これが極悪闇金業者などですが、見分け人間は様々な方法が有ります。

まずは、無申し込み事務所かどうか確認するというものです。

都道府県知事などから申し込みナンバーが出ているか、また申し込みナンバーがある場合もそのナンバーが虚偽の物でないかファイナンス庁のウェブサイトに申し込み貸金事務所内容リサーチ付きがあるので、確認するのが確実です。

そして確定電話においていない携帯電話だけの場合もほとんどが極悪闇金業者です。

極悪闇金業者はかかわりたくないですね。

もう一つは、利息で確認始める方法があるのですが、貸金業法においては貸金事務所が歳109.5%(うるう年の場合は109.8%)を超える利息の契約をしたときは、契約が無効と定められています。

更に出資法においては、物事として20%(平成22歳6月々18お天道様までは29.2%)を超えて資金を貸したら、または職業としてではなく109.5パーセンテージを超えて月賦をしたら出資法犯罪として刑事罰が科されるとことなっています。

簡単に説明すると、毎日0.08%を超える利息は違法な利子という事です。

しかし極悪闇金業者は数量100%?数量1,000%の利息を並べる事例もあるので、すこし計算をしたらすぐに分かりますよね。

こういう様な違法な利息を売る極悪闇金業者から資金を借りてしまっても、利息消費の必要はありません。

原則として資金は立て直す必要がありますが、無理で無効な契約にて受け取った資金は、消費しなくてもいいとする場合もあります。

どちらにしたって、極悪闇金業者という関わってしまった場合は迅速にマニアに相談する事が重要となりますね。

解決には闇金相談は警察で対応するのか?が参考になりました。