バラクーダ・トルネード

黄金比率

18~34歳男女のカラーコンタクトレンズに関する意識調査によると、8割を超えるユーザーが白目と黒目の比率が「1 : 2 : 1」の目が理想的だとしている。日本人の比率は「1:1.5:1」が多い。黒目の大きさは11〜12mmなので、自然に見える黒目はだいたい12.8mmくらいの大きさだ。

黒目が、約10%大きく見えると、瞳は黄金比率「1 : 2 : 1」に近づきます。ただ、黒目がちはかわいいけど、やりすぎると怖くなっちゃいます。大きすぎるカラコンはばれやすく、宇宙人みたいになる。大きければいいというものではない。男性に聞いてみると、「大きければ大きいほどかわいく見える」と答えたのはわずか36.0%だった。何より気を付けたいのは、白目と黒目のバランス。カラコンにはフチのあるものとフチの無いものがありますが、自然に黒目を大きく見せたいという人にはフチなしがおススメです。アプリで比率を図る方法もあるようです。